子供に補聴器を装着させるために【補聴器の選び方のコツを知る】

レンタル補聴器の選び方【失敗しないために】

購入前にレンタルするメリット

補聴器を購入前にレンタルすることには、購入した後でやっぱり合わなかったという失敗を予防できるメリットがあります。それゆえ、レンタルする補聴器の選び方がとても重要になってきます。

補聴器をレンタルする流れ

まずは問診を行います

耳の状態を把握してもらうために、まずは問診表に記入を行います。気を張らずに自分の状況をありのままに、医師に伝えられるように心がけることが大切です。

耳の状態を測定します

現在の聴力を判断するため、簡単な聴力検査を行います。ただし病院の検査とは違い、精密な検査は行いません。この検査によって使える補聴器がピックアップされます。

補聴器の中から選択します

聴力検査の判定を元に、医師からどのような難聴であるのかを詳しく説明してもらいます。そしてその難聴に合わせた補聴器を選び、視聴のための音を作り出す作業に入ります。

視聴をして異常を確認します

作成された音を、実際に視聴してみます。補聴器の候補がいくつかある場合には、聞き比べることも可能です。その後で微調整を行い、装着についての諸注意を説明してもらいます。

子供に補聴器を装着させるために【補聴器の選び方のコツを知る】

男性

補聴器レンタルの相場について

補聴器レンタルの相場は、補聴器のメーカーによって大きな差があります。それを踏まえると月のレンタル料は、およそ3千円から1万円といったところです。とてもリーズナブルですが、どれも大手メーカーの物を使用しているため素材はしっかりしています。特に耳に触れる部分は新品のものが使用されているため衛生面から見ても安心です。

子供用補聴器の選び方

子供用の補聴器の選ぶ際には、耳かけ型の補聴器がおすすめです。なぜならば、耳穴型の補聴器には子供には適さないデメリットがあるからです。その1番のデメリットとして、子供は成長しやすく耳穴の変化が著しいことが挙げられます。また耳かけ型のほうが、電池の容量が大きいため比較的長持ちをするのもおすすめできる理由です。