補聴器の種類を知る【選び方に関する疑問を解決!】

補聴器の選び方に悩んだら~ライフスタイルに合わせた選び方~

補聴器の種類を知る【選び方に関する疑問を解決!】

メンズ

耳穴式補聴器の特徴

耳穴式補聴器は耳の中に入れて使用する補聴器です。CIC型、ITC型、ITE型の三種類があり、この順番にだんだんと大きくなります。小型のものを選ぶと補聴器を使用していることが見た目ではわからないのが魅力です。しかし、音量が小さめなため、重度の難聴の人の場合にはあまり向いていません。また、耳の形によっては合わないこともあります。

耳かけ式補聴器の特徴

耳かけ式補聴器は耳にかけて使用するタイプの補聴器です。耳にかける部分と耳の中に入れる部分が配線によって接続される形を取っているため、機能性の高い補聴器を作ることができます。そのため、音が大きくて重度の難聴の人でも使用することが可能です。しかし、眼鏡や帽子などと接触してしまいやすいことから眼鏡をかけている人や屋外での活動が多い人にはあまり向きません。

補聴器選びの際によくある質問

どの種類の補聴器を選んだら良いのですか

補聴器には耳穴式、耳かけ式、ポケット式の三種類があり、決まった選び方はありません。どのタイプにもメリットもデメリットもあるのでケースバイケースで選ぶ必要があります。

価格が高い方がよく聞こえるのでしょうか

価格が高くても必ずしもよく聞こえるとは限りません。難聴の状態や使用するシーンに応じて選ぶことが大切です。

試しに使ってみたいのですが

補聴器を購入するまでに必ず試用する機会が得られます。それで満足してから購入を決断すれば問題ありません。

補聴器購入までの流れ

医師の受診と必要という診断

補聴器を購入する最初の段階になるのが医師の診断です。耳鼻科を受診して補聴器を作成することが必要だという判断をしてもらわなければなりません。

取扱店での相談と聴力測定

補聴器の取扱店に行き、医師の診断を受けて補聴器を作ることになったと相談するのが次の段階です。聴力測定を行って使用できる補聴器を絞り込みます。

補聴器の選択と試用及び調整

使用可能な補聴器の中から使ってみたいものを選び、調整を行って試用します。その結果に基いて適宜調整を行い、不快感なく使用できるものを選び出すのがこの段階です。

効果の確認と補聴器の購入

調整された補聴器を付けて最後に効果の確認を行います。聴力測定で十分に効果があるとわかり、本人も納得したら補聴器を購入するという流れになるのです。